サカモト薬局 よくある質問


Q1. 介護保険で借りられる福祉用具はあるの?

介護保険でレンタルできる福祉用具は以下のとおりです。
①車いす
②車いす付属品
(クッション、パッド、電動補助装置、テーブル、延長レバーなど)
③特殊寝台(ベッド)
④特殊寝台付属品
(サイドレール、マットレス、ベッド用手すり、テーブル、スライディングボード、スライディングマット、特殊寝台用キャスター)
⑤床ずれ防止用具
⑥体位変換器
⑦手すり
⑧歩行器
⑨歩行補助杖
(多点杖、松葉杖、ロフストランド杖、カナディアン杖、プラットホーム杖)
⑩スロープ
⑪移動用リフト(床走行式、固定式、据置式、吊り具を除く)
⑫認知症老人徘徊感知機器
⑬自動排泄処理装置



Q2. 借りるのではなく、福祉用具を買いたいのだけど・・?

介護保険で購入の対象となる福祉用具は以下のとおりです
①腰掛け便座(ポータブルトイレなど)
②入浴補助用具(入浴用いす、浴槽用手すり、すのこ、入浴台など)
③簡易浴槽(空気式、折りたたみ式のもの)
④特殊尿器(尿が自動的に吸引されるもの)
⑤移動用リフトの吊り具



Q3. 事前にお試しはできるの?

種類によっては見本品を用意している場合があります。



Q4. ホームセンターで販売されている福祉用具と、福祉用具事業者が扱うものは何が違うの?

福祉用具事業者は都道府県の指定を受けています。専門の相談員が身体の状態に合わせて適切な福祉用具の選定をアドバイスしたり、購入後も不具合の調整などのアフターフォローをします。



Q5. 使わなくなった福祉用具はどうしたらいいの?

介護保険のレンタル対象用品は、不要になれば福祉用具事業者が引き取ってくれます。
使っているうちに身体の機能などが変わっても、他の物に借り替えることが可能になっています。



Q6. 他人が使った福祉用具は心配だけど、、、

利用者から引き取った福祉用具は消毒・点検し、次の人が使えるよう整備・保管していますので安心して使えます。



Q7. 介護認定の申請を行なっていないのですが、レンタルはできますか?

一般レンタル(全額自己負担)として、レンタルは可能ですが、介護保険(レンタル料金の1割が自己負担)を利用する場合は、まずはお住まいの市町村窓口に介護認定の申請を行なってください。
申請の結果、要介護認定を受けた場合は、申請日にさかのぼって介護保険のサービスを受けることができます(介護保険施行規則 第38条「要介護認定の有効期間」)。つまり、申請日からが保険給付の対象期間となり、介護保険の対象となっている福祉用具については、レンタル料金の1割の自己負担で介護保険のサービスを受けることが可能になります。
但し、申請の結果、自立と認定された場合は、介護保険のサービスを受けることはできません。その場合は、各市区町村で独自に行っている給付サービスをご確認ください。